« Deutschland・人生の黄昏に II | トップページ | Deutschland・苦楽と歓喜 »

2019年3月13日 (水)

ドイツとドイツ語・赤い雀

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« Deutschland・人生の黄昏に II | トップページ | Deutschland・苦楽と歓喜 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・赤い雀:

« Deutschland・人生の黄昏に II | トップページ | Deutschland・苦楽と歓喜 »

無料ブログはココログ