« カンタン!ドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ・苦難と克服 »

2019年3月17日 (日)

ドイツ文化とドイツ・過去から未来へ II

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ語を学ぶ

« カンタン!ドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ・苦難と克服 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・過去から未来へ II:

« カンタン!ドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ・苦難と克服 »

無料ブログはココログ