« Deutschland・苦境を乗り越えて II | トップページ | ドイツとドイツ語・赤い雀 »

2019年3月11日 (月)

Deutschland・人生の黄昏に II

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ語とドイツ文化

« Deutschland・苦境を乗り越えて II | トップページ | ドイツとドイツ語・赤い雀 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・人生の黄昏に II:

« Deutschland・苦境を乗り越えて II | トップページ | ドイツとドイツ語・赤い雀 »

無料ブログはココログ