« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | 独逸・黄昏の旅路 »

2018年12月 5日 (水)

ドイツ文化・速習と効率

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | 独逸・黄昏の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74714665

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・速習と効率:

« ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 | トップページ | 独逸・黄昏の旅路 »

無料ブログはココログ