« ドイツ語・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

2018年12月 1日 (土)

ドイツ語・苦難と克服 II

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅で忘れられないのが、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ語・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74695780

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・苦難と克服 II:

« ドイツ語・苦楽の極相 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・内なる異邦 »

無料ブログはココログ