« ドイツ文化・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ語・苦楽の極相 »

2018年11月26日 (月)

ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。

ドイツへの憧れ

« ドイツ文化・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ語・苦楽の極相 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74665233

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却:

« ドイツ文化・遥かなる思い出 II | トップページ | ドイツ語・苦楽の極相 »

無料ブログはココログ