« ドイツ文化・魅惑の世界 | トップページ | ドイツとドイツ語・ポイントと注意点 »

2018年11月 7日 (水)

ドイツ連邦共和国・前進と停滞

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ文化・魅惑の世界 | トップページ | ドイツとドイツ語・ポイントと注意点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74547917

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・前進と停滞:

« ドイツ文化・魅惑の世界 | トップページ | ドイツとドイツ語・ポイントと注意点 »

無料ブログはココログ