« ドイツ語・青春の思い出 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・前進と停滞 »

2018年11月 3日 (土)

ドイツ文化・魅惑の世界

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ語・青春の思い出 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・前進と停滞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74521117

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・魅惑の世界:

« ドイツ語・青春の思い出 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・前進と停滞 »

無料ブログはココログ