« ドイツ語とドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ文化・遥かなる思い出 II »

2018年11月21日 (水)

独逸・理由と場合

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ文化・遥かなる思い出 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74641402

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・理由と場合:

« ドイツ語とドイツ文化・重厚な印象 | トップページ | ドイツ文化・遥かなる思い出 II »

無料ブログはココログ