« 独逸・理由と場合 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

2018年11月22日 (木)

ドイツ文化・遥かなる思い出 II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的言語です。



« 独逸・理由と場合 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74646061

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・遥かなる思い出 II:

« 独逸・理由と場合 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・第一歩からの脱却 »

無料ブログはココログ