« ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 | トップページ | ドイツ語・心の郷愁 II »

2018年10月 1日 (月)

ドイツ連邦共和国の低い壁

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの旅行の記憶で時々フラッシュバックする光景の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 | トップページ | ドイツ語・心の郷愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74308898

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国の低い壁:

« ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 | トップページ | ドイツ語・心の郷愁 II »

無料ブログはココログ