« ドイツとドイツ語・遠い記憶 | トップページ | ドイツ連邦共和国の低い壁 »

2018年10月 1日 (月)

ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語ABC

« ドイツとドイツ語・遠い記憶 | トップページ | ドイツ連邦共和国の低い壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74308551

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路:

« ドイツとドイツ語・遠い記憶 | トップページ | ドイツ連邦共和国の低い壁 »

無料ブログはココログ