« ドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・心の郷愁 II »

2018年10月 2日 (火)

ドイツとドイツ語・心の郷愁 II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・心の郷愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74311458

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・心の郷愁 II:

« ドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・心の郷愁 II »

無料ブログはココログ