« BRD・遥かなる思い出 | トップページ | ドイツ文化・苦難と復興 II »

2018年10月24日 (水)

ドイツ語・遥かなる哀愁 II

ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« BRD・遥かなる思い出 | トップページ | ドイツ文化・苦難と復興 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74458826

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・遥かなる哀愁 II:

« BRD・遥かなる思い出 | トップページ | ドイツ文化・苦難と復興 II »

無料ブログはココログ