« ドイツとドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | Deutschland・明日への旅立ち »

2018年10月 9日 (火)

ドイツ語・未知なる郷愁 II

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。旧西ドイツの首都ボンは小さな町ですがベートーヴェンの生まれた町としても知られており、地方分権制ドイツの象徴でもあると思います。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅の想い出としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツとドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | Deutschland・明日への旅立ち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74356478

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・未知なる郷愁 II:

« ドイツとドイツ語・心の郷愁 II | トップページ | Deutschland・明日への旅立ち »

無料ブログはココログ