« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・奥深い森 »

2018年10月13日 (土)

Deutschland・明日への旅立ち

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの都市で感慨深いところのひとつは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の想い出としては、リューベックへ向かうコペンハーゲン行きの特急列車の中で聞こえてきたデンマーク語の独特の響きが強烈な印象となって残っています。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・奥深い森 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74383963

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・明日への旅立ち:

« ドイツ語・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・奥深い森 »

無料ブログはココログ