« カンタン!ドイツ文化とドイツ | トップページ | Deutschland・セピアの影 »

2018年9月 7日 (金)

簡単なドイツ連邦共和国

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅で忘れられないのが、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ旅行記など

« カンタン!ドイツ文化とドイツ | トップページ | Deutschland・セピアの影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74164969

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単なドイツ連邦共和国:

« カンタン!ドイツ文化とドイツ | トップページ | Deutschland・セピアの影 »

無料ブログはココログ