« ドイツとドイツ語・直線と曲線 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 »

2018年9月 3日 (月)

ドイツ連邦共和国・質実剛健

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ベルリンがやはり現在のドイツの首都として、また激動の20世紀ヨーロッパの象徴としてまず挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツとドイツ語・直線と曲線 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74145086

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・質実剛健:

« ドイツとドイツ語・直線と曲線 | トップページ | BRD・遥かなる旅路 »

無料ブログはココログ