« ドイツ文化・異文化の欠片 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 »

2018年9月30日 (日)

ドイツとドイツ語・遠い記憶

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の想い出としては、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツ文化・異文化の欠片 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74299673

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・遠い記憶:

« ドイツ文化・異文化の欠片 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・情熱の旅路 »

無料ブログはココログ