« ドイツ連邦共和国・内なる異邦 | トップページ | ドイツとドイツ語・遠い記憶 »

2018年9月29日 (土)

ドイツ文化・異文化の欠片

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、近年R.シュトラウスも注目されています。器楽曲などではブラームスに近いロマン派的作品を残していますが、彼の真骨頂は交響詩と云う分野を確立させたところですね。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ連邦共和国・内なる異邦 | トップページ | ドイツとドイツ語・遠い記憶 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74291487

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・異文化の欠片:

« ドイツ連邦共和国・内なる異邦 | トップページ | ドイツとドイツ語・遠い記憶 »

無料ブログはココログ