« Deutschland・セピアの影 | トップページ | ドイツ・青春の旅路 II »

2018年9月 8日 (土)

ドイツ文化とドイツへの情熱

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。機能的な小都市が多いドイツですが、ベルリンがやはり大都市であらゆる文化の発信基地としての先端性を持っています。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。

ドイツ狂のブログ

« Deutschland・セピアの影 | トップページ | ドイツ・青春の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74171794

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツへの情熱:

« Deutschland・セピアの影 | トップページ | ドイツ・青春の旅路 II »

無料ブログはココログ