« 簡単なドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ文化とドイツへの情熱 »

2018年9月 7日 (金)

Deutschland・セピアの影

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりミュンヘンのオクトーバーフェストですね。ビール好きにはたまらない魅力があります。じゃがいもとソーセージとビール、毎晩続けると体重が心配になりますけどね。ドイツ旅行の貴重な体験としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« 簡単なドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ文化とドイツへの情熱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/74165727

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・セピアの影:

« 簡単なドイツ連邦共和国 | トップページ | ドイツ文化とドイツへの情熱 »

無料ブログはココログ