« BRD・哀愁の思い出 | トップページ | ドイツの低い壁 »

2018年7月 1日 (日)

ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツで最も好きな都市の一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ブラームスはその中でも人気で、重厚なドイツの響きともいうべき作品を多く作り上げたことで評価が高い作曲家です。「ドイツ・レクイエム」と言う彼の作品があります。宗教的作品はあまり多くありませんが、通常はラテン語のレクイエムをドイツ語の翻訳を歌詞にして書き上げたことにブラームスのドイツ語への愛情を感じます。しかしこの作品、原題は Ein deutsches Requiem で日本語に訳すときは、「ドイツレクエイム」と訳されていますが、ドイツをまるまる背負っているようなものではなく、「ある一つのドイツ語のレクイエム」という控えめな訳し方にしたほうがブラームスの本来の意図に近いような気がします。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« BRD・哀愁の思い出 | トップページ | ドイツの低い壁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73775473

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁:

« BRD・哀愁の思い出 | トップページ | ドイツの低い壁 »

無料ブログはココログ