« ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 | トップページ | 独逸・明日への旅路 II »

2018年6月10日 (日)

親しめるドイツ語

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ語を革新的に学ぶ会2015

« ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 | トップページ | 独逸・明日への旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73652510

この記事へのトラックバック一覧です: 親しめるドイツ語:

« ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 | トップページ | 独逸・明日への旅路 II »

無料ブログはココログ