« Deutschland・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ語・青春の思い出 »

2018年6月25日 (月)

独逸・ポイントと注意点

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツ旅行の印象深い出来事としては、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、全国高等学校サッカー選手権の最多得点記録保持者の大迫勇也が所属するTSV1860ミュンヘン(TSV Munchen von 1860)があります(現在2部リーグ)。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツ語が上達する方法

« Deutschland・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ語・青春の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73744514

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・ポイントと注意点:

« Deutschland・青春の旅路 II | トップページ | ドイツ語・青春の思い出 »

無料ブログはココログ