« 独逸・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II »

2018年6月27日 (水)

ドイツ語・青春の思い出

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツの旅で忘れられないのが、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« 独逸・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73753890

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・青春の思い出:

« 独逸・ポイントと注意点 | トップページ | ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II »

無料ブログはココログ