« ドイツとドイツ語・大聖堂の雀 | トップページ | ドイツ語・重厚な印象 »

2018年6月 3日 (日)

ドイツへの道

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。北ドイツのハンザ同盟都市でベルリンにつぐ現在のドイツ第2の都市といえばこの北海に近い港湾都市ハンブルクが挙げられます。

ドイツの都市で今何気なく甦ってくるものの一つは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、香川真司が2010ー2012年シーズンまで在籍していた、ボルシア・ドルトムント BVボルシア09 e.V. ドルトムント(Ballspielverein Borussia 09 e.V. Dortmund)BVBがあります。

ドイツ語はこれらの文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツとドイツ語・大聖堂の雀 | トップページ | ドイツ語・重厚な印象 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73610086

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツへの道:

« ドイツとドイツ語・大聖堂の雀 | トップページ | ドイツ語・重厚な印象 »

無料ブログはココログ