« ドイツへの道 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 »

2018年6月 3日 (日)

ドイツ語・重厚な印象

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の想い出としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、過去に5回リーグ制覇しているボルシアMGボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Monchengladbach) などのチームがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツへの道 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73610393

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・重厚な印象:

« ドイツへの道 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・教会の尖塔 »

無料ブログはココログ