« 簡単なドイツ | トップページ | ドイツへの道 »

2018年6月 2日 (土)

ドイツとドイツ語・大聖堂の雀

ドイツの想い出と言えば語り尽くせないものがあります。ドイツで驚かされるのは地方都市の文化が特色的なことです。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的言語です。



« 簡単なドイツ | トップページ | ドイツへの道 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73606817

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・大聖堂の雀:

« 簡単なドイツ | トップページ | ドイツへの道 »

無料ブログはココログ