« ドイツ語とドイツ文化・紫の小花 | トップページ | Deutschland・青春の旅路 II »

2018年6月21日 (木)

ドイツ連邦共和国・明日への旅立ち II

ドイツとの関係はわりと長く数々の思い出もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

ドイツ旅行記など

« ドイツ語とドイツ文化・紫の小花 | トップページ | Deutschland・青春の旅路 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73721677

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・明日への旅立ち II:

« ドイツ語とドイツ文化・紫の小花 | トップページ | Deutschland・青春の旅路 II »

無料ブログはココログ