« ドイツ語・青春の思い出 | トップページ | BRD・哀愁の思い出 »

2018年6月28日 (木)

ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツの街で印象深い出来事があった場所の一つは、やはりベルリンですね。音楽家の仲間や知り合い、仕事仲間も多く、日本人も多く見かけますが、何よりもヨーロッパの前衛芸術の先端を担うリーダー的な存在としても刺激的な場所となっています。ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ語・青春の思い出 | トップページ | BRD・哀愁の思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73760725

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II:

« ドイツ語・青春の思い出 | トップページ | BRD・哀愁の思い出 »

無料ブログはココログ