« 親しめるドイツ語 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

2018年6月11日 (月)

独逸・明日への旅路 II

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅で忘れられないのが、ベルリンのブランデンブルク門が印象深いです。壁の崩壊の直前と直後に訪れたので、リアルな出来事として感慨深いものがあります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、シューマンを忘れてはいけないでしょう。精神病の疑いもあったシューマンですが、その作品は透明、純粋な発想にあふれた情緒的や幻想的な作品も多く、ロマン派の代表的な作曲家に挙げられています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出した豊かな土壌となっている言葉です。



« 親しめるドイツ語 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73657445

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・明日への旅路 II:

« 親しめるドイツ語 | トップページ | ドイツ文化とドイツ・質実剛健 »

無料ブログはココログ