« ドイツ連邦共和国・明日への旅立ち II | トップページ | 独逸・ポイントと注意点 »

2018年6月24日 (日)

Deutschland・青春の旅路 II

ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンには世界有数のオーケストラ、ベルリン・フィルをはじめ、ベルリンドイツ響など数多くのオーケストラがあります。ドイツの旅の想い出としては、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ連邦共和国・明日への旅立ち II | トップページ | 独逸・ポイントと注意点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73738019

この記事へのトラックバック一覧です: Deutschland・青春の旅路 II:

« ドイツ連邦共和国・明日への旅立ち II | トップページ | 独逸・ポイントと注意点 »

無料ブログはココログ