« ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 »

2018年6月30日 (土)

BRD・哀愁の思い出

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツの都市名を思いつくままに並べると結構な数になります。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ソーセージスタンドの巨大ソーセージ、ホットドッグもありますが地元の人が食べるのはロングウィンナー、パンの切れ端みたいなので挟んで持って豪快に食べます。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言語です。



« ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73773492

この記事へのトラックバック一覧です: BRD・哀愁の思い出:

« ドイツとドイツ語・実存と重厚さ II | トップページ | ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 »

無料ブログはココログ