« ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

2018年5月14日 (月)

ドイツ連邦共和国・わが青春

ドイツを語らせたらけっこう興味のある話ができると思います。ドイツの好きなところへ行って良いと言われたら候補がありすぎて迷います。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、旧東ベルリンからタクシーで西ベルリンに入る時のチェックポイントチャーリーと呼ばれる簡易的な入国審査所が当時有名で、そこを実際に通った時に何か不思議な感動がありました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガでは、内田篤人が所属するゲルゼンキルヒェンに本拠を置くシャルケ04(Schalke 04)が強豪チームとして知られています。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツ狂のブログ

« ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73483239

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・わが青春:

« ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II | トップページ | ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II »

無料ブログはココログ