« ドイツ語・ヨーロッパの哀愁 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II »

2018年5月10日 (木)

ドイツ連邦共和国・希望への道筋

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツと聞いてまず思い浮かべる都市はどこでしょうか。ローテンブルクやハイデルベルクなど丘の上の中世の都市そのままのような信じられないロマンティックな光景の街も魅力的です。

ドイツでの記憶の断片から蘇る場所のひとつが、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の想い出としては、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。



« ドイツ語・ヨーロッパの哀愁 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73455799

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・希望への道筋:

« ドイツ語・ヨーロッパの哀愁 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II »

無料ブログはココログ