« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II »

2018年5月10日 (木)

ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II

ドイツとはこれまでさまざまな関わりをもってきました。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツで最も好きな都市の一つは、ハンブルクです。実はハンブルクは一度しか訪れたことがないのですが独特の雰囲気を醸し出しており、是非また行きたい都市になっています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、8月に夕方インターシティでハンブルクに到着したのですが、夕立ちに合い、ものすごい寒い思いをしたことです。地元の人は真夏なのにレインコート姿でした。

ドイツ語圏にはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ハインリヒ・ベルは『アダムよ、おまえはどこにいた』『汽車は遅れなかった』などの作品で知られ1972年ノーベル文学賞を受賞しています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどのみのり豊かな文化の言葉です。



« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73458898

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II:

« ドイツ連邦共和国・希望への道筋 | トップページ | ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II »