« ドイツ連邦共和国・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・瞬発と持続 »

2018年5月15日 (火)

ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。ミュンヘンはオリンピックシティでもあり悲しい事件もありましたが、オクトーバーフェストはビール好きにはたまらない魅力のある都市です。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅で忘れられないのが、旧東ベルリンのシェーネフェルト空港に降りた時です、夕方遅くで西ベルリンに行くタクシーがないのに驚いた覚えがありました。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、交響曲の父といえばハイドン、その作品数は100を超えますが、明らかにモーツァルトやベートーヴェンに影響を与えていることがその作品の数々からうかがい知れます。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語の10倍速攻略法

« ドイツ連邦共和国・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・瞬発と持続 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73487172

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・遥かなる哀愁 II:

« ドイツ連邦共和国・わが青春 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・瞬発と持続 »