« ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが青春 »

2018年5月14日 (月)

ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II

ドイツでは旅の想い出など、結構語り尽くせないものがあります。ドイツを旅していると聞き覚えのある都市名に数多く出会います。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、旧西ドイツの首都ボンがあります中央駅の西側が旧国会議事堂地域で東側が中心市街地となっていますが、こじんまりとはしていますが本当に美しい真知です。ドイツの旅の想い出としては、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、高原直泰が活躍していたアイントラハト・フランクフルトやハンブルガーSV(Hamburger Sport-Verein)などがあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。



« ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが青春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73482345

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・魅惑の世界 II:

« ドイツ語とドイツ文化・明日への旅立ち II | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが青春 »