« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・わが心の春 »

2018年4月29日 (日)

はじめよう独逸

ドイツと言う国はどういう国か、たまに不思議に思うこともあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ケルンという響きはキース・ジャレットの有名なライブ・アルバム「ケルン・コンサート」を思い起こさせるのでまず思い浮かびます。

ドイツでもわりと思い出深い都市のひとつは、やはりベルリンですね。ドイツの伝統的な一面も保ちながら多国籍的食文化も発展しています。ベルリンは世界の料理が集結しているグルメな都市です。ドイツの旅で忘れられないのが、リューベックの中央駅から音楽大学へ向かう途中に偶然通りかかった、旧50ドイツ・マルク札に描かれてた大きな橋の門があります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ユダヤ人としての宿命を背負っていたメンデルスゾーンの作品は異様なほどの哀愁を帯びたものや、切迫感のあるものも多く独特の世界があります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。「ネバーエンディング・ストーリー(Die unendliche Geschichte)」や「モモ」等の作品で知られるミヒャエル・エンデはドイツの児童文学作家です。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこうした芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言葉です。



« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・わが心の春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/73391663

この記事へのトラックバック一覧です: はじめよう独逸:

« ドイツ文化とドイツ・未知なる郷愁 II | トップページ | ドイツとドイツ語・わが心の春 »