« ドイツ文化・わが心の春 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

2017年8月 2日 (水)

ドイツ連邦共和国・効果と実践

ドイツについてはさまざまのな思い入れがとてもおおくあります。ドイツはもともと地方分権国家で特色ある小都市が数多くあります。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

ドイツの旅の記憶の底から浮かび上がってくる残像の一つは、バルト海に近いリューベックですオーストリアのザルツブルクを早朝に発ち、列車で夕刻にたどり着き、用事を済ませてその足でフランクフルトに向かった想い出があります。いこのかつてのハンザ同盟として栄えた小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、ウェーバーを忘れてはいけません。歌劇「魔弾の射手」は序曲だけではなく、最もドイツ・オペラ的な要素をふんだんに盛り込んだ秀逸な作品で永遠の輝きを放っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ノーベル文学賞作家には中編小説の騎手ヘルマン・ヘッセがいます。代表作には「郷愁 」「車輪の下」等があります。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、岡崎慎司が2013年まで所属していた、ドイツの自動車工業都市シュツットガルトに本拠を置くVfBシュトゥットガルトがあります。現在の岡崎慎司は同じブンデスリーガの1.FSVマインツ05に移籍しています。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどのヨーロッパの代表的言語です。

語学マニア

« ドイツ文化・わが心の春 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71302641

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・効果と実践:

« ドイツ文化・わが心の春 II | トップページ | 独逸・日本人の利点 »

無料ブログはココログ