« 独逸の極意 | トップページ | 独逸・旅路の終わりに II »

2017年7月10日 (月)

ドイツ文化・旅路の終わりに

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。フランクフルトは旧西ドイツの空の玄関として長い歴史を持っています。またフランクフルト・ソーセージでも名前はお馴染みですね。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。ベルリンはドイツの他の都市とは違い大都会という雰囲気が漂っています。それでいてなぜか安心できる場所なのです。ドイツの旅で忘れられないのが、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、メンデルスゾーンを忘れてはいけないでしょう。ライブチヒ聖トーマス教会のカントルとして大先輩バッハの作品を呼び起こすなど、教会音楽家としてまた作曲家として名声を残しています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。



« 独逸の極意 | トップページ | 独逸・旅路の終わりに II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71096516

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ文化・旅路の終わりに:

« 独逸の極意 | トップページ | 独逸・旅路の終わりに II »

無料ブログはココログ