« ドイツとドイツ語・苦難と復興 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 »

2017年7月 5日 (水)

ドイツ語・黒い影

ドイツの地方都市はどこも魅力があり、歴史的に意義深い場所が数多くあります。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

特色ある地方都市が多いドイツですが一つ挙げるとすれば、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ミュンヘンで超過密スケジュールの合間に行ったホーフブロイハウスです。ほとんど記憶がありませんが、みんなやたらに盛り上がっていたのは覚えています。

ドイツ語圏の音楽では作曲家は数多いですが、やはりオールマイティーなモーツァルトが代表格に挙げられますね。その数少ない短調の作品は大半を占める優雅な長調の作品とは裏腹に何か彼の運命を象徴している雰囲気が漂っています。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこうした文化・芸術などを生み出したヨーロッパの代表的な言葉です。

ドイツ語を革新的に学ぶ会2015

« ドイツとドイツ語・苦難と復興 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71052695

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・黒い影:

« ドイツとドイツ語・苦難と復興 | トップページ | ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 »

無料ブログはココログ