« ドイツ語とドイツ文化・わが青春 | トップページ | ドイツ語・黒い影 »

2017年7月 5日 (水)

ドイツとドイツ語・苦難と復興

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。デュッセルドルフは日本人が多い町として有名です、ドイツ進出の日本企業の総本山的な役割の都市として挙げられます。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。旧東ドイツの中にあった陸の孤島西ベルリンですが、現在は首都機能を備えたヨーロッパ有数の文化都市となっています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、ベートーヴェンを生み出した旧西ドイツ首都ボンを訪れたことです、花の街としても有名なこの町は駅前はこじんまりとしたホテルしかないのですが、本当に花に溢れかえっている評判通りの美しい街並みでした。

ドイツ語圏はクラシック音楽大国としても知られていますが、シューベルトの功績は大きいです。歌曲王の冠を戴く彼の作品はゲーテやシラー等の文豪の詩の世界に新たな息吹を与えたものとして、芸術的評価をうけています。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはサッカーW杯優勝国としても名高く、ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンなどの世界的なクラブチームも数多くあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっているヨーロッパの代表的な言葉です。

趣味の語学

« ドイツ語とドイツ文化・わが青春 | トップページ | ドイツ語・黒い影 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71049418

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツとドイツ語・苦難と復興:

« ドイツ語とドイツ文化・わが青春 | トップページ | ドイツ語・黒い影 »

無料ブログはココログ