« カンタン!ドイツとドイツ語 | トップページ | ドイツ語・分裂と統一 II »

2017年7月20日 (木)

ドイツ連邦共和国・感性と感覚

ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。バイエルン州の州都ミュンヘンは有名な自動車メーカーBMWやブンデスリーガの強豪バイエルン・ミュンヘンで印象深い都市名です。

ドイツで最も好きな都市の一つは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツ旅行の貴重な体験としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツの音楽では作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学の世界はいぶし銀的な魅力ある作品に溢れています。現在のチェコ出身のカフカは代表作「変身」「審判」「城」等の不条理小説の作品で知られています。背景にはナチスのユダヤ人迫害があったとされています。

ドイツはまたサッカー強豪国としても知られブンデスリーガには、日本代表清武弘嗣が2012年から在籍している1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nürnberg)があります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツへの憧れ

« カンタン!ドイツとドイツ語 | トップページ | ドイツ語・分裂と統一 II »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71188414

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ連邦共和国・感性と感覚:

« カンタン!ドイツとドイツ語 | トップページ | ドイツ語・分裂と統一 II »

無料ブログはココログ