« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 | トップページ | ドイツとドイツ語・苦難と復興 »

2017年7月 4日 (火)

ドイツ語とドイツ文化・わが青春

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツには魅力あふれる都市が多くそれぞれに深い歴史があります。北ドイツのハノーファーも魅力的な町です。ここでは世界的に有名な美女コンテストが開かれ、大きな見本市でも知られています。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、リューベックですオーストリアのザルツブルクから1日がかりで到着、そしてトンボ返りした想い出があります。バルト海に近いこの小都市には独特の香りがあったのを覚えています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ブラームスはその中でも最もドイツ的な響きの作品を作り上げたことで評価が高く人気の作曲家です。オーケストラ作品は規模が大きく協奏曲なども交響曲的編成と規模で書き上げているスケールの大きな作品を残しています。ドイツ文学にはかなり内容の奥深い作品が多くあります。トーマス・マンは「ヴェニスに死す」「トニオ・クレーガー」「魔の山」などで知られるノーベル文学賞作家です。兄と弟も著名な作家でした。

サッカーでも日独の結びつきは強く、現在ブンデスリーガには、アルビレックス新潟にいたドイツ日本ハーフ、酒井高徳が在籍しているドイツの自動車工業都市シュツットガルトのVfBシュトゥットガルトがあります。岡崎慎司はこのチームに2013年まで所属していました。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 | トップページ | ドイツとドイツ語・苦難と復興 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71043335

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語とドイツ文化・わが青春:

« ドイツとドイツ語・遥かなる郷愁 | トップページ | ドイツとドイツ語・苦難と復興 »

無料ブログはココログ