« ドイツ連邦共和国・感性と感覚 | トップページ | 簡単なドイツ文化とドイツ »

2017年7月20日 (木)

ドイツ語・分裂と統一 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ケルンも世界遺産となったゴシック様式の巨大な大聖堂があり、キリスト教の国家として代表的存在ですね。

ドイツで最も印象深い都市の一つになるのが、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の想い出としては、ケルンを鉄道で通り過ぎた時にみたケルン大聖堂です。ケルンでは下車しませんでしたが駅のすぐ近くでその巨大さには威厳を感じました。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ヨハン・セバスチャン・バッハがなんといっても金字塔ですね。その膨大な器楽曲のほかに、教会音楽家としての作品群も多く、死後二百数十年経っていても依然光り輝いている普遍性があります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこうした芸術・文化社会の礎となっている品格のある豊かな言葉です。

ドイツを旅して

« ドイツ連邦共和国・感性と感覚 | トップページ | 簡単なドイツ文化とドイツ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71191031

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・分裂と統一 II:

« ドイツ連邦共和国・感性と感覚 | トップページ | 簡単なドイツ文化とドイツ »

無料ブログはココログ