« ドイツ文化・旅路の終わりに | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが心の春 »

2017年7月14日 (金)

独逸・旅路の終わりに II

ドイツはやはり自分に取って深い関係がある国になります。ドイツと一口に言っても北と南、東とでは大きく様相が異なります。ミュンヘンはバイエルン州の州都でもあり旧バイエルン王国の伝統を色濃く受け継いでいる傑出した南ドイツの都市です。

ドイツで思い出す場所として記憶にあるのは、やはりベルリンですね。ベルリンのフィルハーモニーは音楽ファンの聖地です。かつては西ベルリンの端にあったこのコンサートホールも東西統一によってベルリンの中心へと見事な転換を遂げています。ドイツの旅の記憶として思い浮かぶのは、南ドイツから北へ走る鉄道沿いにあるロマンティック街道に点在する中世からの城の数々です。その光景はまさに信じられないほどロマンティックでした。

ドイツはクラシック音楽大国としても知られていますが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ語圏文学にも独特な世界観の文豪たちが揃っています。ゲーテと並ぶ疾風怒濤時代の文豪シラーはベートーベンの第九交響曲の「歓喜に寄す」でよく知られています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本人ブンデスリーガの魁奥寺康彦氏の所属していた1FCケルン(現在2部リーグ)などの伝統的チームもあります。

ドイツ語はこれらの芸術・スポーツなどの豊かな土壌となっている言語です。



« ドイツ文化・旅路の終わりに | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが心の春 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71133468

この記事へのトラックバック一覧です: 独逸・旅路の終わりに II:

« ドイツ文化・旅路の終わりに | トップページ | ドイツ連邦共和国・わが心の春 »

無料ブログはココログ