« ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 | トップページ | 独逸の極意 »

2017年7月 7日 (金)

ドイツ語・遥かなる思い出 II

ドイツには早くから興味を持ち、仕事でも深く関わった時期もあります。ドイツと聞いてまず思いつく都市の名前は数多いです。フランクフルトは国際ハブ空港としも巨大で有名です。またフランクフルト・ソーセージやアップルワインなどのグルメでもお馴染みですね。

これまで訪れたドイツの街々でいまでも心の中にあるのは、ハンブルクです、8月と云う真夏に訪れたにもかかわらず雨に降られ、ものすごく寒かったのを覚えています。ビートルズ縁の場所としても感慨深いものがあります。ドイツの旅の想い出としては、特急列車の座席指定システムの合理性です。指定券が発行されている席には区間の明示がされていて。それ以外の区間は自由席となります。

ドイツにはクラシックの代表的な作曲家は数多いですが、ベートーベンを抜きにしては語れないでしょう。ピアノを劇的な感情表現の手段とした最初の作曲家であり、九曲の交響曲で古典派からロマン派への橋渡しをした役割は非常に大きいものがあります。ドイツ文学には人間性を深く掘り下げた作品が多いように思われます。ドイツの文豪と言えばゲーテです。哲学的な彼の作品は小説だけでなく詩歌にも重要な作品を数多く残しています。

ドイツにはヨーロッパサッカーの要をなすブンデスリーガがあり、日本代表キャップの長谷部誠が現在所属する、1.FCニュルンベルク(エアスター エフツェー ニュルンベルク、1.FC Nurnberg、ドイツ・バイエルン州)があります。

ドイツ語はこれらの芸術・文化社会の礎となっている豊かな土壌となっている言語です。

ドイツ狂のブログ

« ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 | トップページ | 独逸の極意 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2119305/71073575

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ語・遥かなる思い出 II:

« ドイツ語とドイツ文化・遙かなる隣国 | トップページ | 独逸の極意 »